アダム・サンドラー

トップ > とほほママの映画館 > アダム・サンドラー:Adam Sandler
とほほママおススメのA・サンドラー出演作品:ウェディング・シンガー
ビッグ・ダディ(1999)  NEW
弁護士を目指していたのに交通事故に遭って以来何年も定職につかずに過ごしていたソニー(アダム・サンドラー)。うだつの上がらないソニーに恋人まで愛想をつかせてしまった。そんな彼の元に、同居人である友人の子供だという5歳の少年ジュリアン(コール/ディラン・スプラウス・・・双子ちゃんで一役)が現れた。子供を持てば人生が変わるかも・・・そんな考えでソニーは子供の臨時父親になるのだが・・・。
珍しく自然体のアダム・サンドラーです。子供とのコンビもいいし、レイラ役のジョーイ・ローレン・アダムズ(「チェイシング・エイミー」のヒロイン!)がナチュラルでいい。浮浪者役のスティーブ・ブシェーミ、相変わらず目を引く演技です。クライマックス、お父さんとの感動の法廷シーン、ウルウルと感動させつつ笑わせちゃう、さすが。原題:BIGDADDY。

ウェディング・シンガー(’98)  とほほママおススメ
大好きな人と一緒に見るとしあわせになれるってアメリカでひそかにウワサされていた映画だって。
主人公ロビー(アダム・サンドラー)は、結婚式のウェディングシンガー。持ち前の機転と優しい歌声でハッピーな新郎新婦の門出を祝うのだ。式場に新しく入ったウェイトレスのジュリア(ドリュー・バリモア)は、結婚を間近に控え、恋人の後を追ってこの町にやってきた。二人は意気投合。しかし、ロビーは自分の結婚式を恋人にドタキャンされ、ハッピーな歌が歌えなくなってしまう。そんなロビーを励ますジュリア。ロビーに結婚式の準備を手伝ってもらっていくうち、ジュリアは彼にひかれていく・・・。
’80半ばという設定に、出てくるヒットソングは懐かしい曲ばかり。とほほママは思わずにっこり。久々に素敵な映画に出会いました。ホンワカハッピーな気分になりたい人におススメです。原題:The Wedding Singer。

ウォーターボーイ
有力アメフトチーム、ルイジアナ大クーガーズのウォーターボーイを18年勤めるボビー・ブーシェ(アダム・サンドラー)。美味しい水を選手たちに飲んでもらおうと頑張っていたが、おつむが弱くて、みんなに邪魔もの扱いされ、とうとうクーガーズを追い出されてしまう。それでも給水係の仕事が大好きなボビーは、南部中央ルイジアナ州立大のマッドドッグスに給水係として入った。そんな彼がなんとラインバッカーとしてこのチームの主戦力になっていく。ボビーを溺愛する母親(キャシー・ベイツ)からの自立と、母親の子離れ、クライン監督のトラウマ克服を伏線に、ボビーが大活躍するアメフトシーンはコミカルで笑えます。こんなピュアな主人公もいいなぁ。原題:THE WATERBOY。

俺は飛ばし屋 プロゴルファー・ギル(’96)
ハッピー・ギルモア(アダム・サンドラー)はアイスホッケーのプロを目指す青年。当たりが強くてショットの威力も抜群だが、スケートが下手でプロになれない。とうとう恋人まで、愛想を尽かせて去ってしまった。翌日、身寄りのない彼を育ててくれたおばあちゃんの家が、国税局に差し押さえられてしまう。ふとした事からゴルフクラブを手にしたギルモアは、そのショット力をプロゴルファーのチャッブスに見出され、プロとしてデビューする事になる。それもこれも愛するおばあちゃんの家を取り戻すため。次々と試合に出場し、賞金を稼いでいくのだが・・・。飛ばし屋ギルモアの集客力にやきもちを焼いたプロゴルファーのシューター(クリストファ・マクドナルド)が、ギルモアを陥れようと策を練ります。はたしておばあちゃんの家は取り戻せるのか。ホンワカコメディー。原題:HAPPY GILMORE。