Yumメモ

トップ > アラカルト > Yumメモ

Yumとは

インストール

パッケージをインストールする
# yum install パッケージ名

Yes/No の質問にすべて Yes モードで実行する
# yum -y install パッケージ名

アップデート

パッケージをアップデートする
# yum update パッケージ名

パッケージをすべてアップデートする
# yum update
# yum upgrade     ← yum update --obsoletes と同じ

削除

パッケージを削除する
# yum remove パッケージ名
# yum erase パッケージ名

リスト

インストール可能なパッケージのリストをすべて表示する
# yum list

インストールされているパッケージのリストを表示する
# yum list installed

指定した文字列を含むパッケージを探す
# yum search 文字列

情報表示

パッケージの詳細情報を表示する
# yum list パッケージ名

参照するリポジトリの一覧を表示する
# yum repolist

リポジトリ

yum では、パッケージをリポジトリから取得します。RHEL(Red Hat Enterprise Linux)の場合は Red Hat 社のリポジトリから、CentOS の場合は CentOS プロジェクトが提供するリポジトリからパッケージをダウンロードします。リポジトリの一覧は /etc/yum.repos.d ディレクトリ配下に設定されています。

EPEL

Red Hat や CentOS Project が提供する標準のリポジトリの他、Fedora プロジェクトが提供する EPEL (Extra Packages for Enterprise Linux) リポジトリがあります。EPEL を参照対象にするには、下記で EPEL レポジトリ設定ファイルを /etc/repos.d/ 配下にインストールします。

# yum -y install epel-release

普段は EPEL リポジトリを無効にしておき、コマンドラインで指定した場合のみ有効にするには、下記の様にします。

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

enabled=0

# yum install パッケージ名 --enablerepo=epel

Copyright (C) 2016 杜甫々
初版:2016年6月12日 最終更新:2016年6月12日
http://www.tohoho-web.com/ex/yum.html