MySQLメモ

トップ > アラカルト > MySQLメモ

環境

MySQL とは

MariaDB とは

MySQLをインストールする

CentOS 6.8
# yum -y install mysql-server
# vi /etc/my.cnf
[mysqld]
character-set-server=utf8
# chkconfig mysqld on
# service mysqld start
# mysql_secure_installation
CentOS 7.2
# yum -y install mariadb-server
# vi /etc/my.cnf
[mysqld]
character-set-server=utf8
# systemctl enable mariadb
# systemctl start mariadb
# mysql_secure_installation
Ubuntu 14.04 LTS
# sudo apt-get install mysql-server
# sudo vi /etc/mysql/my.cnf
[mysqld]
character-set-server=utf8
# sudo /etc/init.d/mysql restart

インタラクティブモードで接続する

# mysql -h localhost -u root -p
Enter password:
mysql> quit

データベース

データベースを作成する
mysql> create database データベース名;

データベースを利用する
mysql> use データベース名;

データベースの一覧を表示する
mysql> show databases;

データベースを削除する
mysql> drop database データベース名;

テーブル

テーブルを作成する
mysql> create table テーブル名 ( カラム1 型1, カラム2 型2, ...);

テーブルの一覧を表示する
mysql> show tables;

テーブルの詳細を表示する
mysql> desc テーブル名;

テーブルを削除する
mysql> drop table テーブル名;

レコード

レコードを挿入する
mysql> insert into テーブル名 ( カラム1, カラム2 ) values ( 値1, 値2 );

レコードを表示する
mysql> select カラム1, カラム2 from テーブル名;

条件を指定してレコードを表示する
mysql> select カラム1, カラム2 from テーブル名 where カラム1 = 値1;

レコードを更新する
mysql> update テーブル名 set カラム2 = 値2 where カラム1 = 値1;

レコードを削除する
mysql> delete from テーブル名 where カラム1 = 値1;

Copyright (C) 2016 杜甫々
初版:2016年6月26日 最終更新:2016年6月26日
http://www.tohoho-web.com/ex/mysql.html